ブラジル/スル・デ・ミナス
販売元
酸味が少なく、程よいコク。苦味の無い、心地よいコーヒー感。(200g)

ブラジル/スル・デ・ミナス

通常価格
¥1,100 (税込)
販売価格
¥1,100 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

配送料は購入手続き時に計算されます。

酸味が少なく、程よいコク。苦味の無い、心地よいコーヒー感。

ブラジルはコーヒー世界総生産の1/3を占める世界最大のコーヒー生産国です。その歴史も古く、今から約300年も前(1727年)のポルトガル植民地時代にフランス領ギアナからコーヒーの木が持ち込まれたのが始まりです。その後、1820年代から急伸し、1920年代には世界総生産の80%を占めるまでになりました。生産量を増やすことに重きを置いてきたブラジルは大規模農園(ファゼンダ)が多いのもその特徴で、その裏返しとして風味、品質は中庸との評価を受けていた時代もありますが、近年は霜害対策やスペシャルティーコーヒー運動の流れを受けて、ブラジルの豆も多様化してきています。

今回ご紹介するスル・デ・ミナスは、サンパウロ、リオデジャネイロ間の内陸部に位置し、海抜1000〜1350m辺りのブラジルの中では比較的高地のエリアです。歴史的にもブラジルにおけるコーヒー生産拠点を担ってきた場所で、ここでは代々受け継がれてきた小規模農園が農業協同組合を組織し、機械収穫等産業化に取り組んで来ました。そしてこのエリアは甘味を主体とした良質な豆を生産しています。 

 

無料でメッセージカード、熨斗等承ります。詳しくはコチラ