No.86_葛西小2年の子供たちの“まちたんけん”訪問

先週の店休日に葛西小2年の子供たちが“まちたんけん”の授業の一環でいろどりこーひーを訪問してくれました。

事前に先生が店を訪問してくださり依頼を受けた際、“まちたんけん” 授業の趣旨、テーマが『地域の人や場所と関わりたいという思いを持ち、実際にお話を聞くことで、地域に親しみを持つ。まちたんけんで関わった地域の人の、地域に寄せる思いに気づくことが出来る。』であると伺っておりました。実は昨年も依頼を頂きましたが、昨年はコロナ禍が未だ未だ猛威を奮っている頃でしたので、子供たちが店を訪問するのではなく、僕が教室に伺って説明し、質問を受けるという形で実施されました。そして今年はなんとか本来の訪問頂く形で実施されました。(昨年の記事はコチラ、No.35No.38

そんな趣旨を伺っていましたので、前半は僕の方から色々お話や説明をさせて頂きました。

お話したのは、自己紹介に続けてこのお店を始めようと思った動機、このお店が目指していることをお伝えしました。そして店の中に10種類上の焙煎前の豆袋がありますので、それを間近に見たり、触ったり、香りも体験してもらいました。焙煎前後の豆の違いに皆んな驚いていました(驚き方が期待通りで嬉しかったです。笑)。焙煎機も仕組みをざっと説明しましたが、『下校時、ずっとあれはなんだろうって気になっていたんで、今日は説明が聞けて良かったです!』なんて言ってくれた子も居ました。また、いくつか写真も提示しながら、コーヒーの木の話、白い可憐な花が咲いて、その後実った赤い実を収穫し、乾燥させてから殻を割って取り出したタネがコーヒーの元になるんです!と言ったこと、また、世界の産地のお話もしました。皆んなウンウンと真剣に聞いてくれたので、思わずこちらも説明に熱が入りました。(笑)

続いて質問コーナーになりました。『美味しいコーヒーを作るコツはなんですか?』、『コーヒーは何種類ありますか?』、『コーヒーは子供にも飲めますか?』、『コーヒーは何分で出来ますか?』、『コーヒーを作るときは何を考えていますか?』、『人気のコーヒーはどれですか?』、『何時から何時までやってますか?』と言った質問の他、『休みの日は何をしていますか?』と言った質問もありました。そして一つ一つ丁寧に回答させて頂きました。

その後、焙煎前後の豆を皆んなにそれぞれ一粒づつ、プレゼントさせて頂きました。

そして最後は引率頂いたご父兄の誘導で、皆んなで記念撮影し終了。お礼のご挨拶も頂きました。

こちらこそとっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

いろどりこーひーは珈琲豆を通して、皆様の心豊かな生活に彩りをお届けします。